初鹿明博の信念について

img734673c1a481e0234a09d93bcfd8a91c6c5e1d4dd5fd.jpg

初鹿明博の価値観について
この世に意味もなく存在しているものなどありませんが、人によっては意味のない存在もあるという価値観を持っている方もいます。育った環境やこれまで学んできたことなど、人によって考えや想いはまちまちですからどちらも正解だとは思いますが、政治家である初鹿明博氏は全ての人の存在に意味があると考えています。この世に生を受けたすべての人の存在に意味があるというのが初鹿明博氏の信念ですし、その想いがとても強いと彼は自ら口にしています。

初鹿明博氏はこれまで低所得者の境遇を良くするための政治活動も続けてきましたし、多大な実績も残してきました。そんな初鹿明博氏だからこそすべての存在に意味があるという言葉には重みがあります。また、彼は人にはそれぞれ持って生まれた素質や才能、能力がありそれぞれが活かされて世の中が回っていくと考えています。存在に意味がない人間などこの世に一人も存在せず、一人一人が持つ存在の意味によってこの社会は回っているのだということをすべての人に理解してもらいたい、初鹿明博氏はそう思っています。

人間の価値はそれぞれ
優れた能力を持っていることだけが人間の価値ではないという信念を初鹿明博氏は持っています。人によっては高学歴な人でないと価値がない、お金を持っていないと価値がない、と考えてしまうような方がいますが、それは大きな間違いであると初鹿氏は考えています。実際、初鹿氏は東大法学部を卒業という華々しい経歴を持っていますが、必ずしもそれが選挙の時にメリットになったとは言えないと語っています。東大卒は勉強はできるかもしれないけど世の中のことを知らない、勉強ができればいいものではないと言われたこともあるそうです。

優れた能力や才能、経済力を持っていることだけが人間の価値ではないということを初鹿氏は身を持って知っていますし、そのようなものだけで価値を決められるような世の中ではダメだと考えています。初鹿氏の政策はこれが基礎となっていますし、この世に生を受けて生活している人すべてに存在する意味があると考えています。また、それを理解してもらえるような世の中になればいいと本気で考えているのです。

人間らしい思いを持つ議員
筆者としては初鹿氏は非常に人間らしい一面を持つ政治家だと思います。政治家の多くは高学歴ですし、経済力もある家に生まれた方が多い傾向にあります。中にはそれをかさに着るような人もいますが、初鹿氏はまったくそのようなこともなくすべての人は平等でありすべての人の存在に意味があると考えているのです。

非常に人間らしい一面を持っていますし、だからこそ我々国民の言葉にもしっかりと耳を傾けてくれるのではないでしょうか。これまで人々の生活がより豊かになるような政策を次々と打ち出していますし、彼が行ってきたあらゆる政治活動も信念によって突き動かされているものばかりです。これからも人間臭い一面を忘れることなく、この思いを胸に政治活動を続けていってほしいなと筆者は考えています。

東京鹿優会
http://www.hatsushika.net/

ピックアップ記事

  1. こんにちは、長井央です。前回は、長男のユウタについて紹介しました。かなりの長男自慢になっていますが、…
  2. img04371670ad52ac649411a6c143bd7178f2e2ae411688.jpeg
    高谷知佐子は1969年生まれ、93年に東京大学法学部を卒業し、95年に弁護士活動をスタートしました。…
  3. img05647db435d10b766ea013a392031ef99d9672ed805e.jpg
    阿含宗で修行をしている信徒は関東別院でも仏舎利宝珠尊解脱宝生行を積極的に行って、阿含宗の本当の意味を…
ページ上部へ戻る