谷尾和昭は好奇心がある

ハーバード大学で日々勉強に励んでいる谷尾和昭の最大の特徴は好奇心です。
谷尾和昭は好奇心旺盛なのでハーバード大学に入学出来たと言っても決して過言ではありません。そもそも勉強も、持ち前の好奇心のおかげでハマっていったのです。分からないことがあると、なぜ分からないのか、正解を見つけるための努力を惜しまないのです。
それこそがいわゆる勉強なのですが、谷尾和昭自身は勉強をしているという感覚ではなく、分からないので疑問を解決しようとしている、ただそれだけなのです。

これは決して勉強だけではありません。例えば谷尾和昭はけん玉が得意なのですが、けん玉もただ楽しむだけではなく、角度や勢い等を計算した上で、どうすれば良い結果になるのかをとにかく徹底的に研究し、その理論を踏まえた上で練習に取り組むのです。
勉強もけん玉も、彼にとってはそう変わりません。やみくもに時間をかけた勉強をするのではなく、何が効率の良い方法なのかを模索し、それを踏まえて勉強するのが谷尾和昭のやり方です。そしてその結果、ハーバード大学に入学するにまで至ったのです。

最短ルートで効率の良い勉学が可能になるので覚えが速いとも言われています。実際、谷尾和昭は机に向かって長時間勉強をしているという感覚はないそうです。疑問の解決。これが基本スタンスのようです。そのため、他の人にとっては苦行ではあっても彼にとって勉強は決して辛いものではないようです。この言葉には説得力があります。なぜなら谷尾和昭は中学時代には決して出来の良い生徒ではなかったのです。

ハーバード大学にいると聞けば、小さい頃から秀才でクラスでもトップクラスの成績だったのだろうと思う人もいるかもしれませんが、実は彼は中学時代、トップクラスどころかヤンキーとして悪さを働いていたのです。中学生レベルですので振り返れば可愛いものでしょう。ですが周囲からするとやはりそのような立ち振る舞いの谷尾和昭は恐怖の対象だったのです。中学時代の彼しか知らない人にとっては、ハーバード大学に入学したと聞いてもピンと来ないでしょう。

ですが高校に入るとヤンキー時代のエネルギーは疑問の解決、つまりは勉強に向けられることになったのです。好奇心のおかげで分からないことを調べるようになり、調べて理解し、理解しては調べて。これを繰り返しているうちに学校内でも成績優秀者となり、やがてはハーバード大学入学にまで至ったのです。人生は何が起きるか分からないものだと実感している友人が多いのもそのためです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. img82871a1084ea8a5a219179e06115aec622aa8db46a08.jpg
    日本ペットシッターサービス下北沢Amiciはペットの飼い主に代わってペットの世話をするサービスを提供…
  2. img72181fb4d142a19da11cf64797cf4a4831d4b6025dc2.jpg
    ラーク動物病院は、大阪寝屋川市にある動物のための総合病院です。4名の獣医師と9名の看護職員たちが日々…
  3. 庭野仁司は、年齢が38歳で美容室を経営している既婚男性です。血液型はB型で広島市出身の庭野仁司は、現…
ページ上部へ戻る