気遣いのできる神澤光朗

神澤光朗は、大変友人思いで気遣いができる男です。そのため大学入学直後からすぐに多くの友人を作りました。一人暮らし同士である友達に対して神澤光朗は「一人で食事をしてもさみしいから」と言ってひまな時にはよく食事に誘っていました。しかも彼の家で手作りの料理をふるまってくれるのです。慣れない手つきで食事を作ってくれる姿にありがたさを感じた友人も多かったようです。一人暮らしに慣れてくるまでは少しホームシック気味になってしまう大学生も多いのですが、彼が頻繁に食事に誘ってくれることで寂しさを解消することができていた人も多かったことでしょう。

神澤光朗が大学入学の頃にそれだけ友人を食事に誘っていたのには理由があります。それは、誘った人たちが寂しそうにしていたからというものです。大学に入学したての18歳の男性がそんなに繊細に人の心を読むことができることに驚かされてしまいます。もちろん彼の言う通り寂しい気持ちはあったことでしょうが、そのみんなは大学ではおくびにも見せまいと努めて明るくふるまっていました。また神澤光朗は、自分も佐賀県から出てきてホームシック気味で寂しい気持ちを抱いていたから、同じように寂しそうな人の感じがわかるのだとも語っていました。しかしそれが実際にわかるというのは、神澤光朗の観察眼がすぐれている証拠でもあります。

彼は友人や周囲の人に対する気遣いが非常に長けています。ちょっといつもよりも顔色が悪い人がいるとすぐに気付きますし、落ち込んでいるような人がいるとすぐに分かります。さらに、友人の誕生日には必ずメッセージを送っています。親しい友人になるとこっそりプレゼントを用意しようと計画をします。

初めは女性や男性から良い人だと思われたいから、誕生日にメッセージを送ったりするのかと思っていたひともいたのですが、彼の中では当たり前のことだったと後々に気が付くようになりました。彼は佐賀県にいるころから友人の誕生日にはメッセージをまめに送っていたようでした。些細な事なのですがなかなかできないことですし、誕生日にメッセージを受け取ると、受け取る人は嬉しい気持ちになります。
彼には多くの友人や知人がいるので誕生日メッセージを送るのも大変なことではあるのですが、人が喜んでいる姿を想像することが好きで、自分もうれしくなるから大したことではないと語っています。それだけ心優しくマメな神澤光朗の周りには、彼を慕って多くの人が集まるのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 就職状況というのはその人の実力だけではどうにもならないことがあります。現在の就職活動は売り手市場でか…
  2. 売上の一部はバングラディッシュの支援へ世界を旅して体感した貧困国の苦しい現実ラファエロが世界のために…
  3. img3044bf1c6e9309542342d212e459480995b994d953e6.jpeg
    ■ワン・シング一点集中がもたらす驚きの効果毎日たくさんの仕事に追われて精神的にも肉体的にもまいってい…
ページ上部へ戻る