MaHua氏がプロジェクトにもたらすもの

香港スカイキングインターナショナルインベストメントの仮想通貨が話題となっていますが、CEOであるMa Huaさんとはどんな経歴を持っているのでしょうか?香港スカイキングインターナショナルインベストメントでは役職はCEOで執行役マーケティング・アドバイザーとして活躍しています。その活躍の裏にはこれまで上場企業で培った知識と経験が役立っていると言われています。

中国で知らない人はいないと言っても過言ではないほどの大企業であるテンセントで顧問を務めていたMa Hua氏。その後、エイベックスのアジア部門と言われるエイベックスチャイナの副総裁をはじめ香港上場企業であるMedia Asia Chinaでも副総裁、そして中国大手映画配給会社のHICGでも副総裁…。多くの上場企業の副総裁を務めてきました。

イベント系、コンサート系、デジタルマーケティング系など多種多様な領域に知識が深く、仮想通貨の連携をプロデュースしているというわけです。
現在香港スカイキングインターナショナルインベストメントではマーケティングアドバイザーとして大いに活躍しているのだとか。Ma Hua氏という最高峰のアドバイザーを迎え入れたチームでKINGSCOINのプロジェクトはスタートしました。デバイス開発力から、上場企業のもつ財務戦略・経営戦略・マーケティングなどそのままソリューションに活用されているというわけです。

プロジェクトの目標は「仮想通貨を現実世界の決済インフラ」とすることでした。インフラとして広く定着したERC20をベースとした「Raiden network」などのオフチェーン技術を組み合わせて独自の設計のもと、既存の様々な仮想通貨のトランザクションスピードを塗り替える、速くて安定したブロックチェーンとして誕生します。

どういったことかと言うと、クレジットカードのVISAカードと同じレベル、「1秒間に5000件以上の取引処理」を実現することを可能にしようとしているのです。他の仮想通貨で比べて見ると、ビットコインは秒速7件、イーサリアムは秒速15件の処理能力なので、香港スカイキングインターナショナルインベストメントが開発したKINGSCOINプロジェクトのものが遥かに優れているということが良く分かりますね。

このプロジェクトが独自開発したノーボラティリティコインというのも特徴的です。ノーボラティリティコインについての説明はまた次の機会に。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 30歳、両親の会社を継ぐ石上豊(30)は、愛する妻と結婚4年目である。石上豊(30)とその妻の出会い…
  2. あらゆる投資の中でも、株投資はもっとも手を出しやすい投資の一つと言われています。そんな株投資をギャン…
  3. WEB事業、IT事業、医療にまで精通している株式会社DYMの代表取締役社長・水谷佑毅とはどんな人物な…
ページ上部へ戻る