コーヒーショップを運営する中込直樹さんってどんな人?

中込直樹さんはコーヒーショップを経営しています。
趣味がコーヒーを飲むことだったのですが、それが高じて自分で焙煎するようになり、結局お店をオープンすることになったというほどコーヒーに入れこんでいます。
地元のコーヒー豆の卸店をすべて回り、味を確認して納得できるクオリティと味のものだけを仕入れています。オーダーを受けてから焙煎してくれますのでとてもおいしく苦みが感じられないのが特徴です。中込直樹さんはドリップにこだわっていますので、時間がかかりますがコーヒー好きの人にとっては待ちわびる時間でもあります。

中込直樹さんはコーヒー豆の状態は毎日違うので、挽き方やドリップの仕方もそれにあわせて工夫しなければおいしい味が出せないというのが口癖です。お客様にお出しする豆は自分でも飲んでみて、湿度、気温などの外的な要素によっても味が変化するため、コーヒーの味を的確に判断するために毎日同じような生活をして体調を一定に整えているといいます。そのストイックさは食事にこだわるスポーツ選手のようです。

中込直樹さんの経営するコーヒーショップには常連さんが多く、いつも知り合いが集まって楽しそうに話をしていますので、それを満足げに眺めているのが中込直樹さんの日課です。話しに加わるのでもなく、無視しているわけでもなくお客様の居心地のよい空間を作り出すためにクロコとして徹しているのです。

コーヒーショップは口コミで話題になりますので、よく観光客も訪れます。コーヒー好きの人が多く、中込直樹さんの焙煎と味に満足して帰られる方が大勢います。それがまた口コミになりますので、全国のコーヒー通はこの店を訪れるようになり、一躍有名店になりましたが、中込直樹さんはかわらずひょうひょうとした様子で普段通りにコーヒーをサービスしています。

ログハウスのような店舗でいかにも観光客相手の外観をしていますが、地元の人が落ち着くような地元の木材を使って設計されたエコな建物でもあります。地元の木材を地産地消したいという中込直樹さんの強い意志は建物にも表れていて、空間はいつも清潔で木材のよいにおいがします。
そんなこだわりを持つからこそ、コーヒー豆の選定にも気を抜くことなく、焙煎の1秒の狂いも見逃すことなく、いつでもおいしいコーヒーをコンスタントに淹れることができるのだろうとみんなが噂をしています。落ち込んだ日でもこのコーヒーを飲むだけで癒されると評判のお店なのです。

中込直樹は非常に几帳面な男性です。彼の生まれは静岡県の田舎。彼には祖父母に両親、2人の姉と1人の妹がいます。家族は皆、昔からその田舎でのびのびとおおらかに暮らしているのですが、なぜか彼だけ、超几帳面なのでした。幼いときから、おとなしくてもの静かで、とてもとても几帳面だった中込直樹は、祖父母や親戚、両親からも「いったい誰に似たのだろうか・・・」と考え込ませるほどでした。というのも、祖父は、地域のお祭りでは率先して大酒を飲んで騒ぎまくり、祖母は豪快かつ大胆で、小さな量り売りのお菓子屋さんを営んでいたのですが、安い値段で、おまけだよ、と大量のお菓子を売っていたものですから、商売には全くなりませんでした。野山を走り回り、泥だらけで家に帰ってくる姉や妹を、ただにこにこと見守る両親は、少しくらい家が汚れたって気にしません。掃除も少々苦手でした。

そして大人になっても中込直樹の几帳面は変わりませんでした。端正な顔をしている彼に寄って来る女性はいくらでもいましたが、皆彼の几帳面さに引いてしまい、いつも去っていきました。もちろん、彼は恋愛に興味があったのですが、掃除と恋愛とどちらが好きかと聞かれれば、迷わず掃除と答えました。

しかし、恋愛はなかなか困難でしたが、彼の性格は仕事においてはとても重宝されました。時間内に丁寧かつ迅速に仕事をこなすためです。

そんな彼はまだ28歳です。仕事は順調に進んでいるし、きっと素晴らしい女性が現れることでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 竹原虎太郎 はまさか自分がこんなにもプロ野球に心酔するとは夢にも思ってはいませんでした。湧き上がるス…
  2. ハーバード大学で日々勉強に励んでいる谷尾和昭の最大の特徴は好奇心です。谷尾和昭は好奇心旺盛なのでハー…
  3. img76796f720dc9ff86d6c48a044744961517e2a5afb3f4.jpg
    アレキサンダーアンドサンの組織   アレキサンダーアンドサンは、4つの事業を統括している企業です。免…
ページ上部へ戻る